就労継続支援A型事務所における地域連携活動実施状況報告書 令和3年4月

R3年4月7日

事業所名就労継続支援A型事業所なごみ
住所富山県高岡市駅南2丁目3番5号坂本ビル
電話番号0766-25-0753
事業所番号1610200519
管理者名武田 貴宏
対象年度令和2年度

地域連携活動の概要

<活動内容>
施設外就労先

株式会社淀川ランドリー(クリーニング、ふとん丸洗いサービス、リネンサプライサービス)

実施日程

平成30年5月より就労開始(月曜日から金曜日、土曜稼働日は土曜もあり)

作業内容

タオル・衣類たたみ、仕分け作業、ピロ流し作業(乾燥、アイロン)

就労人数

管理者1名、他2名のスタートから現在は7名に増員

<目的>

当事務所を利用している方は、その特性上閉鎖的な環境下に好む方が多いように感じます。地域社会への接点を提供することで社会性と自立性を育むことはとても重要な活動であり、以下の目的のもと、施設外就労を実施しています。

  • 多様な労働環境の提供
  • 地域社会と関係する環境を提供する。
  • 理解のある企業内で職場の経験を積み、就労訓練をするとともに、就労意欲向上を図る。
  • 一般就労へのステップアップとして経験を積む。
<成果>
  • 地域社会との接点が得られたことで就労意欲向上につながった。
  • 地域社会で活動したことで自己を振り返るいい機会となりえた。
  • 一般就労先を検討する際の情報を得ることができた。
<活動の様子>
ピロ流し作業
ピロ流し作業
タオル・衣類たたみ作業
タオル・衣類たたみ作業

連携先の企業等の意見または評価

淀川ランドリーご担当者様からの意見・評価
1.挨拶・身だしなみがきちんとできている。
2.礼儀作法・マナー
3.アクアの支援力
4.仕事への姿勢
5.障害者への理解
6.地域連携活動として評価
7.受入れに対し良かったと思うことはありますか?

障害者への理解が深まったことと、仕事の理解度・生産数には時間がかかるが成長が感じられた。

連携先企業名株式会社淀川ランドリー担当者名小林

就労継続支援A型事業所におけるスコア表(全体)

事業所名就労継続支援A型事業所なごみ
住所富山県高岡市駅南2丁目3番5号坂本ビル
電話番号0766-25-0753
事業所番号1610200519
管理者名武田 貴宏
対象年度令和2年度
(Ⅰ)労働時間
①1日の平均労働時間が7時間以上 40点
②1日の平均労働時間が6時間以上7時間未満 
③1日の平均労働時間が5時間以上6時間未満 
④1日の平均労働時間が4時間30分以上5時間未満 
⑤1日の平均労働時間が4時間以上4時間30分未満
⑥1日の平均労働時間が3時間以上4時間未満 
⑦1日の平均労働時間が2時間以上3時間未満 
⑧1日の平均労働時間が2時間未満 

①80点 ②70点 ③55点 ④45点 ⑤40点 ⑥30点 ⑦20点 ⑧5点

(Ⅱ)生産活動
①前年度及び前々年度の各年度における生産活動収支がそれぞれ当該各年度に利用者に支払う賃金の総額以上 5点
②前年度及び前々年度における生産活動収支のうち前年度における生産活動収支のみが利用者に支払う賃金の総額以上 
③前年度及び前々年度における生産活動収支のうち前々年度における生産活動収支のみが利用者に支払う賃金の総額以上 
④前年度及び前々年度の各年度における生産活動収支がいずれも当該各年度に利用者に支払う賃金の総額以上ではない

①40点 ②25点 ③20点 ④5点

 (Ⅲ)多様な働き方(※) 
 ①免許・資格取得、検定の受験勧奨に関する制度35点
就業規則等で定めている 
就業規則等で定めており、前年度の実績がある 
②利用者を職員として登用する制度
就業規則等で定めている
就業規則等で定めており、前年度の実績がある 
 ③在宅勤務に係る労働条件及び服務規律
就業規則等で定めている 
就業規則等で定めており、前年度の実績がある 
 ④フレックスタイム制に係る労働条件
就業規則等で定めている 
就業規則等で定めており、前年度の実績がある 
⑤短時間勤務に係る労働条件
就業規則等で定めている 
就業規則等で定めており、前年度の実績がある
⑥時差出勤制度に係る労働条件
就業規則等で定めている
就業規則等で定めており、前年度の実績がある 
⑦有給休暇の時間単位取得又は計画的付与制度
就業規則等で定めている 
就業規則等で定めており、前年度の実績がある
⑧傷病休暇等の取得に関する事項
就業規則等で定めている 
就業規則等で定めており、前年度の実績がある
小計(注1)8

(※)任意の5項目を選択すること

(注1)8以上:35点、6~7:25点、1~5:15点

 (Ⅳ)支援力向上(※) 
①研修計画に基づいた外部研修会又は内部研修会15点
参加した職員が1人以上半数未満であった
参加した職員が半数以上であった 
 ②研修、学会等又は学会誌等において発表
1回の場合 
2回以上の場合 
 ③視察・実習の実施又は受け入れ
いずれか一方のみの取扱を行っている 
いずれの取組も行っている 
 ④販路拡大の商談会等への参加
1回の場合 
2回以上の場合 
 ⑤職員の人事評価制度
人事評価結果に基づき定期に昇給を判定する制度を設け、全ての職員に周知している 
 ⑥ピアサポーターの配置
ピアサポーターを職員として配置している 
 ⑦第三者評価
過去3年以内の福祉サービス第三者評価を受審しており、結果を公表している。 
 ⑧国際標準化規格が定めた規格等の認証等
都道府県知事が適当と認める国際標準化規格が定めた規格その他これに準ずるものの認証を受けている 
小計(注2)1

(※)任意の5項目を選択すること

(注2)8以上:35点、6~7:25点、1~5:15点

 (Ⅴ)地域連携活動 
地域の事業者と連携した付加価値の高い商品開発、企業や官公庁等での生産活動等地域社会と連携した活動を行い、その結果をインターネット等により公表している10点

1事例以上ある場合:10点

項目点数 
労働時間5点20点30点40点45点55点70点80点40
生産活動5点 20点 25点 40点 5
多様な働き方0点 15点 25点 35点 35
支援力向上0点 15点 25点 35点 15
地域連携活動0点   10点   10
合計
105/200点

就労継続支援A型事業所におけるスコア表(実績Ⅰ~Ⅳ)

(Ⅰ)労働時間
前年度(令和元年度)
雇用契約を締結していた全ての利用者における延べ労働時間
21,613.25

時間

雇用契約を締結していた延べ利用者数
5,209

利用者の1日の平均労働時間数
4.15

時間

(Ⅱ)生産活動

会計期間( 1月~12月 )

前々年度(平成30年度)
生産活動収入から経費を除いた額
8,703,860

利用者に支払った賃金総額
18,830,365

収支

前年度(令和元年度)
生産活動収入から経費を除いた額
12,645,722

利用者に支払った賃金総額
19,004,299

収支

(Ⅲ)多様な働き方

前年度(令和2年度)における実績
(全体表「(Ⅲ)多様な働き方」の各項目において「就業規則等で定めており、前年度の実績がある」と選択した場合に実績を記載)

①免許・資格取得、検定の受験勧奨に関する制度

◎免許・資格取得、検定の受験勧奨
に関する制度を活用した人数  0名
※取得を進めた免許等:

制度の活用内容:

②利用者を職員として登用する制度

◎職員として登用した人数  0名
◎うち1名は雇用継続期間が6月に達している □
◎うち1名は前年度末日まで雇用継続している □
※登用した日  年  月  日
勤務形態:
就業時間:  時 分~ 時 分
職務内容:

③在宅勤務に係る労働条件及び服務規律

◎在宅勤務を行った人数  0名

※実施した期間:  月 日~ 月 日
就業時間(在宅勤務):  時 分~ 時 分
職務内容:

④フレックスタイム制に係る労働条件

◎フレックスタイム制を活用した人数  0名

※実施した期間:  月 日~ 月 日
就業時間(コアタイム):  時 分~ 時 分
職務内容:

⑤短時間勤務に係る労働条件

◎短時間勤務に従事した人数  1名

※実施した期間:  9月 1日~ 10月 9日
就業時間(短時間):  9時 00分~ 12時 00分
職務内容:(障)プラスチック製品加工作業員

⑥時差出勤制度に係る労働条件

◎時差出勤制度を活用した人数  0名

※実施した期間:  月 日~ 月 日
就業時間(早出の場合):  時 分~ 時 分
就業時間(遅出の場合):  時 分~ 時 分
職務内容:

⑦有給休暇の時間単位取得又は計画的付与制度

◎時間単位取得を活用した人数  1名
◎計画的付与制度を活用した人数  0名
※取得した制度

有給休暇の時間単位取得
計画的付与制度

取得した期間: 3月 18日~ 月 日
取得日数・時間:  日 1時間

⑧傷病休暇等の取得に関する事項

◎傷病休暇等を取得した人数  1名

※取得した内容:検査入院の為
取得した期間:  11月 11日~ 11月 12日
就業時間:  9時 00分~ 14時 15分
職務内容:(障)プラスチック製品加工作業員

(※)当該制度等を活用した任意の1名の実績を記載

(Ⅳ)支援力向上

前年度(令和2年度)における実績
(全体表「(Ⅳ)支援力向上」の各項目の取組ありとした場合に実績を記載)

①研修計画に基づいた外部研修会又は内部研修会
◎研修計画を策定している

◎研修実施回数  外部 4回/内部 0回
対象職員数  4人
うち研修受講者数  1人
※研修名 富山県障害者工賃向上支援事業経営マネジメント研修
研修講師 動画配信
実施日・受講者数  10月 7日  1人

②研修、学会等又は学会誌等において発表

◎研修、学会等又は学会誌等において
 発表している回数  回
※研修、学会等名
実施日  月  日
※学会誌等名
掲載日  月  日
発表テーマ

③視察・実習の実施又は受け入れ

◎先進的事業者の視察・実習の実施している  □
◎他の事業所の視察・実習を受け入れている  □
※先進的事業者名
実施日/参加者数  月 日  人
※他の事業者名
実施日/参加者数  月 日  人

④販路拡大の商談会等への参加

◎販路拡大の商談会等への参加回数  回

※商談会等名
主催者名
日時  月 日
内容

⑤職員の人事評価制度

◎職員の人事評価制度を整備している  □
◎当該人事評価制度を周知している  □
人事評価制度の制定日  年  月  日
人事評価制度の対象職員数  名
うち昇給・昇格を行った者  名
当該人事評価制度の周知方法

⑥ピアサポーターの配置

◎ピアサポーターを配置している  □
◎当該ピアサポーターは「障害者ピラサポート研修」を受講している  □
※配置期間  月 日~ 月 日
就業時間
職務内容

⑦第三者評価

◎前年度末日から過去3年以内に
 福祉サービス第三者評価を受けている  □

※評価を受けた日  月  日
第三者評価機関

⑧国際標準化規格が定めた規格等の認証等

◎ISOが制定したマネジメント
 規格等の認証等を受けている  □

※認証を受けた日  月  日
規格等の内容

(※)実績のうち1事例を記載